競売が任意売却よりも有利な点/メリット


競売にかけられる方は楽です。
任意売却ですと、銀行へ電話をしたり、時には担当に呼び出されて銀行へ行かなければなりません。 銀行へ行ったら行ったで嫌みの一ついわれるかもしれません。

各債権者、裁判所から来る郵便物の封を切って中を読んで、それらをどう扱うか弁護士、司法書士、任意売却業者に助言を求める作業をしなければなりません。

任意売却の場合、揃えてもらう書類などを役所へ行ってもらうことになります。 また、不動産を販売すると、購入希望者に家の中をお見せしないといけません。 その為に 時間を調整してもらうことになります。

競売ですと、上記の様な作業は一切行わず完全に無視しておれば、ある日、突然に "立退き命令" が下って完了します。 これが競売のメリットです。

それに加え、裁判所が複雑な権利関係を整理してくれます。
取引相手は裁判所という " 国 " です。 所有権の移転登記や抵当権等の複雑な権利関係が存在しても抹消登記が確実に行われます。 契約違反などは起こりません。

物件の瑕疵担保の責任を負わなくても良い(アフターケア)。

  トップに戻る

競売で落札されないと

競売のデメリットd 時々、競売で落札者が現れない場合があります。
最初の期間入札で落札者が出なかったときには、特別売却という方法で再競売にかけられます。 そして、その特別売却でも落札者が現れないばあいには、再度物件の評価を 行い、売却基準価額・買受可能価額が引き下げられ、再度期間入札→特別売却が行われます。

特別売却は入札期間中に、一番先に買受けを申し出た人に買受けの権利が与えられます。 早い者勝ちということになります。 また、同一競売物件について、買受けの申出が同時に複数されたときは、くじ等により買受申出人を定めます。

低い金額で落札をされると、債務者には、その分多くの残債が残ることになります。

いつまでも落札されないから、その分、長く住んで居られると考えるのは禁物です。

競売は、落札され、その競落者が、競落代金を支払って、はじめて、所有権が移転します。 従って、競売したが、落札する人がいない場合、債務者の所有のままです。 通常、土地・建物を競売されるような人の 場合は、各種の税金も延滞している事が多く、競売物件の登記簿を見るとき、市や、昔の財務省が差押え登記をしている事もあります。

その債務者には、遅延損害金という、債務プラス利息で膨らんで行きます。 ですので、いつまでも落札されないなら、その分長く住んでいられるという発想は後々の自分の首を絞めることになります。


競売のデメリット

  トップに戻る

競売のデメリット

住宅金融支援機構から住宅資金をお借入していて、その返済が滞り、度重なる督促を無視し続けた結果、裁判所から担保不動産競売開始決定通知が送られて来た場合、任意売却を認めてもらえる公算はかなり低いです。

住構が競売まで行ってしまわれた方の任意売却を認めない理由は、競売になるまでに何度も何度も話し合いの場、任意売却のご提案をしていたのに無視し続けた誠意の無さに対する回答です。

主な競売のデメリット
  • 任意売却に比べ返済額が多い
    任意売却時と比べ、売却価格が20% ~ 40%低くなってしまうケースが多く、その分債務が残ってしまいます。
  • 近所にはバレると思います
    競売開始決定後にはその情報が公開されます。 情報は裁判所で閲覧することが可能となり、インターネットなどにも掲載されるため、近隣に知られる恐れがあります。 また、入札予定者が聞き込みを行う目的で、近隣を訪問することがあります。
  • 総ての交渉は自分で
    落札され新たな所有者が現れた際には、速やかに物件を明け渡さなくてはなりません。また、転居先が見つかっていない場合でも、強制的に執行となります。 尚、引越し費用等は基本的に全て本人負担となります。 立ち退き費用の交渉もご自分で行わないといけません。
  • お子様に精神的被害が
    競売にかかってしまわれた方々の中には、一番辛かったのが子供が近所でイジメに遭った、学校でイジメに遭ったと言われております。 競売はご自分だけの問題ではなく家族全員に関わる大問題です。
  • その他の不安要素が多い
    裁判所からの執行官が来て室内の写真を撮られたり、誰が落札するのか、いつ退去すればいいのかわからなかったりといった、様々な不安要素があります。
  トップに戻る

競売後のデメリット: 立退き料・引越し代の交渉


落札者と立退き料/引越し代の交渉を自分自身で行わないといけません。
競売の物件を落札されるのが皆が皆素人の投資家さんとは限りません。 ひょっとして、怖い系の会社の方が落札をするかもしれません。 競売のプロを相手に 良い条件での立退き料の交渉はチョットきついと思います。

  トップに戻る

競売後の残債(ローン)の返済額


競売が終わって家を取られた後も結構な額の返済を引き続き求められます。
最悪は、自己破産でその債務から逃れなければならなくなる方々はたくさんおります。

  トップに戻る

競売終了後、数年経って


2年前に家を競売で失いました。 そして、間もなくして○○○銀行系の信用保証会社からサービサーに移管。 残債は約1,200万円。

とりあえず1年程、毎月2 ~ 3万円を振込んで、400万円でいいから、一括払いの準備をしてみろと言われ、四方八方手を尽くしたが、当然失敗に終わる。 相互連絡はたまにしかしなかったが、昨日、裁判所より、突然訴状が届きショックを隠しきれません。
今までは、なんとなく、だらだらとした状態の交渉だったので、不意打ちを喰らった感じで、右往左往していま。

上記のようなご相談が週に2回 ~ 3回は寄せられております。 多くの業者さんは任務完了後のアフターケアはほとんど行っておりません。 選ぶ業者さんを 間違えると、ここでまた、弁護士費用などが発生することになります。

  トップに戻る

料金


任意売却の料金 不動産の売買代金 x 3% + 60,000円 + 消費税だけです!

(注)印鑑証明書とか役所などから取得していただく際の費用(千円未満)はご負担願っております。

  トップに戻る

任意売却相談デスクへご相談ください

銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いたら。 あなたにはそれほど多くの時間は残されておりません。 この通知が最後通牒のようなものです。 この提案を無視すると、流れは一気に競売へと突き進みます。  競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を 起こしてください。

任意売却相談デスク - フリーダイヤル  
任意売却相談デスク - メール メールで問い合わせ
任意売却のデメリット
  トップに戻る

サポートスタッフ

d
顧問弁護士・顧問司法書士さん紹介のページだったのですが、先生方の強いご希望により先生方ご紹介のページは削除させていただきました。
顧問弁護士・顧問司法書士紹介ページ »

昔の同僚

サービサー勤務の人でも任意売買d
以前、住宅ローン保証会社に勤務をしていた任意売却相談デスクの顧問の体験談です。 滞納しているローン回収業務に従事している人達にも私たちと同様に競売にかかる危険性、任意売却になる危険性は同等に付いて回っています。
続きを読む »

ご相談ください

  • 任意売却相談デスク
    TEL:0120-088-020
    受付時間 9時~19時
    土日祝も相談可能
  • 運営会社情報