個人信用情報の開示は下記の機関で


全国銀行個人信用情報センター [全銀協] (KSC) / 銀行系
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
(株)シー・アイ・シー(CIC: Credit Infomation Center)/ 信販・クレジットカード系
http://www.cic.co.jp/
(株)テラネット / 銀行系から消費者金融まで
http://www.teranet-corp.co.jp/
(株)シーシービー(CCB: Central Communication Bureau)/ 販・クレジットカード系と消費者金融など
http://www.ccbinc.co.jp/
全国信用情報センター連合会[全情連](FCBJ: Federation Credit Bureau of Japan)/ 消費者金融系
http://www.fcbj.jp/

ブラックリストな人の住宅ローン


ブラックの方が住宅ローンを組むのは非常に難しいと思います
返済をしなかった履歴が有るのでブラックなのです。 借りたお金をを返せなかったという記録は何を意味するかと云いますと、これから新たにお金を貸した場合、また返してもらえない確率が高い人ですよという注意喚起リストなのです。

従って、このブラックリストの記録から削除されるまでは住宅ローンの新規融資は出来ません。

出来るとすれば、大手有名企業にお勤めで、保証人に資力の有る方が居ればローンは組める確率は高くなります。 ローンに関しては、融資を受けたい銀行さんに直接お聞きになられてください。 私たちが融資をするわけではないので、私たちにブラックだけど融資は可能か否かと聞かれてもお答えのしようがございません。

前のページにもどる

自分に関する信用情報は開示してもらえます


本人が許可した相手(その信用情報機関に加盟している業者でなければいけない)のほか、ご本人も信用情報機関の個人情報を見ることができます。 それ以外の人、職場や家族の人でも勝手に情報を見ることはできません。

あなた自身が身分を証明できるもの(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)を用意し、信用情報機関に行き開示請求の申し込みをすれば情報を見ることができます。

規模の大きな信用情報機関は東京以外にも支店がありますが、郵送でも請求が可能となっています。 料金は無料の会社も有れば有料のところもあります(郵送開示の場合は郵送料の実費負担が掛かるところもあります)。 開示請求の方法は各信用情報機関によって違いがありますので、確認のうえ利用してください。

妻がブラックリストに乗っていますが、夫の私は住宅ローンを組めますか?


奥様を連帯保証人または連帯債務者にしなければ可能です。

奥様が連帯債務者になったり、または妻との収入合算により妻が夫の住宅ローンの連帯保証人になるという場合は、夫と同様に金融機関は妻の個人信用情報について照会をするので、妻の個人信用情報に事故情報が掲載されていると、住宅ローンの借入は難しいと考えられます。

前のページにもどる

ブラックだけどカードを持ちたい


クレジットカードでは無いのですが、デビットカードなら発行してくれる銀行は結構有ります。
一応 "VISA" のマークの入ったデビットカードです。 デビットカードは現金と同じ扱いです。 ご自分の口座に入金されている残高以内でのご利用となりますが、カードを持っているという見栄は張れるかと思います。

前のページにもどる

ブラックリストに登録されている私と結婚した場合


結婚をする相手が家を買う時に、配偶者の私への審査もあるのでしょうか?
現在は支払いもきちんと出来ており、問題は無いのですが。 自分のせいでローンが通らないのではと非常に心配しています。

このような方からのお問い合せが沢山参ります。
住宅ローンは、親族・配偶者にブラックが存在しても原則関係ありません。 基本的にあくまで、ローン申込者の信用です。 配偶者の信用状況は、間違いなく確認しますが、あくまで申込者の信用審査が原則です。 配偶者がブラックでも、申込者の信用が充分であれば審査に合格します。

ただ、申込人が自営業者ですと、配偶者の連帯保証人を求められる事も多々考えられます。 この場合は、配偶者がブラックだと連帯保証人になる資格がないので審査に落ちる確率は高いといえるでしょう。

ブラックリストの方が金融事件を起こした金融機関及び関連会社への住宅ローン申し込みは止めた方が無難です。

前のページにもどる

ブラックリストは無いのです


ブラックリストという公式リストは存在していません。
金融機関からお金を借りたときに、延滞や返済不能などが発生した場合、これらの情報を事故情報と呼びますが、この事故情報が金融機関の加盟する個人信用情報機関に登録されていることを通称ブラックリストいいます。

前のページにもどる

ブラックリストの語源


ブラックリストとは、もともとイギリスで生まれた言葉です。

当時のイギリスは、社会情勢が不穏で、お酒で身を滅ぼすアルコール中毒者が多発していました。
そこで、政府は国民の健康を考え、アルコール中毒患者をリストアップして、販売店などへ配布し、その人にお酒を売らない様にしたそうです。

いわゆる、「アルコール販売禁止者名簿」です。
その名簿の表皮が黒かった事から、「ブラックリスト」と呼ばれる様になったそうです。

その後、要注意人物や、容疑者と言った、悪いイメージとして世界中で使われる様になりました。
 
前のページにもどる

ご質問はご遠慮いただきたい


当社は、不動産会社です、
ブラックだけど住宅ローンが組めるかとか、ブラックでカードが取れるかだとか、ブラックリストの人と結婚をしても大丈夫だろうか等などのご質問は、直接 金融機関にお問合わせください。

当社の業務外のことですのでお答えのしようがございません。
前のページにもどる

顧問弁護士紹介

d
顧問弁護士・顧問司法書士さん紹介のページだったのですが、先生方の強いご希望により先生方ご紹介のページは削除させていただきました。
顧問弁護士・顧問司法書士紹介ページ »

昔の同僚

サービサー勤務の人でも任意売買d
以前、住宅ローン保証会社に勤務をしていた任意売却相談デスクの顧問の体験談です。 滞納しているローン回収業務に従事している人達にも私たちと同様に競売にかかる危険性、任意売却になる危険性は同等に付いて回っています。
続きを読む »

ご相談ください

  • 任意売却相談デスク
    TEL:0120-088-020
    受付時間 9時~19時
    土日祝も相談可能
  • 運営会社情報