不動産ローンの長期延滞で競売をかけると言われている


この通知の場合には、まだほんのチョットだけですが時間の猶予はあります。
時間の猶予はチョットだけ有りますが、置かれた危機的状況には変わりはないです。

この時点で、至急、銀行に電話を入れて、どうすれば良いのか相談をしてください。

滞納している分を全額払ってくださいとか、1か月分だけでよいのでとりあえず入金して ください等と各金融機関により言われることはマチマチです。

  トップに戻る

任意売却を至急考えて欲しい方

  • 住宅金融支援機構より「最終通告」が来て今後どうなるか不安な方
  • 融資を受けている金融機関より「担保不動産競売開始決定通知」が来て今後どうなるか不安な方
  • 融資を受けている金融機関より「期限の利益の喪失通知」が来ている方
  • サービサーより「代位弁済通知」が来ている方
  • 月々の住宅ローンの返済が遅れてお困りの方
  • 消費者金融や住宅ローンの返済を滞納しお困りの方
  • 会社の倒産やリストラで、今後の住宅ローンの返済が見込めない方
  • 他社の物件査定で「残債が残るので売却は無理ですよ」と断られた方
  • 借金返済のため不動産を売りに出しているが、売れなくてお困りの方

  トップに戻る

競売と連帯保証人

競売と連帯保証人d 連帯保証人が付いている場合の競売では連帯保証人への迷惑は避けては通れません。

連帯保証人とは、主たる債務者が返済を怠った時に、代わりに返済をしますという契約をされた方です。 従って、融資を行った金融機関は、貴方の代わりに連帯債務者に返済を求めることになります。

しかし、当社では、その連帯保証人様にかかる迷惑を最低限度の抑える方法などのアドバイスも含め、任意売却を処理いたしております。

競売で処理された場合、連帯保証人は自己破産をしなければならないケースもあります。
任意売却の時間切れ

競売開始予告通知

任意売却の時間切れ

競売申立予告のご通知に記載されている内容


お客様にご融資いたしました住宅融資のご返済につきましては、受託金融機関からの再三の督促にもかかわらず長期に延滞されましたことは甚だ遺憾に存じます。

今後、このまま延滞を継続された場合は、お客様との融資関係を継続することは不可能と判断し、直ちに保証協会から代位弁済を受けた後、融資物件の競売に着手することとなりますので、あらかじめ予告いたします。

尚、お客様が当公庫との融資関係を継続することをご希望の場合には、○月○日までに以下の住宅金融支援機構業務取扱店までご連絡願います。
  1. 裁判所が融資住宅を差し押さえて、お客様の同意なく、強制的に売却します
  2. 売却に伴い、融資住宅にお客様がお住まい頂くことは不可能になります
  3. 競売はお客様が任意に売却される場合より安価に売却されることが多いため、任意売却に比べてより多くの借入金が残る可能性が大きくなります。 よって、延滞解消が不可能な場合は、物件売却を検討されることをお勧めします
*本状と行き違いにお支払い済みの際は悪しからずご了承ください。
  トップに戻る

競売を取り下げることは容易ではありません


競売は、かけられた側、申し立てられた側からの取り下げは裁判所の指定するまとまったお金を預けて初めて可能となります。 土下座をするだけでは 競売を取り下げてもらうことはできません。

銀行が競売を申し立てる場合、100万円近くの費用がかかります。 加えて手間と暇もかかります。 そして、競売まで行ってしまう場合、債権者は 貴方を誠意の無い人だと解釈します。

  トップに戻る

競売で知人に落札をしてもらう


不特定多数の方々が入札に参加されると考えられますので、ご自分たちが落札できるという確率は低くなります。 確実に落札をしたいとなると、水準以上の 入札価格を入れないと無理でしょう。

で、あれば、任意売却で知人なり親戚なりに購入してもらった方がはるかに安く買い戻すことができるでしょう。
  トップに戻る

料金


任意売却の料金は、当社のような不動産会社へ依頼した際には一切かかりません。
自己破産などの債務整理が伴わない任意売却であれば、当社のような任意売却専門業者へお任せください。
残るローンの債務の返済額・返済条件などもキッチリと仕上げます。

(注)印鑑証明書とか役所などから取得していただく際の費用(千円未満)はご負担願っております。

  トップに戻る

任意売却相談デスクへご相談ください


銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いたら。 あなたにはそれほど多くの時間は残されておりません。 この通知が最後通牒のようなものです。 この提案を無視すると、流れは一気に競売へと突き進みます。  競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を 起こしてください。

任意売却相談デスク - フリーダイヤル   
任意売却相談デスク - メール メールでお問い合せ
任意売却のデメリット

顧問弁護士紹介

d
顧問弁護士・顧問司法書士さん紹介のページだったのですが、先生方の強いご希望により先生方ご紹介のページは削除させていただきました。
顧問弁護士・顧問司法書士紹介ページ »

昔の同僚

サービサー勤務の人でも任意売買d
以前、住宅ローン保証会社に勤務をしていた任意売却相談デスクの顧問の体験談です。 滞納しているローン回収業務に従事している人達にも私たちと同様に競売にかかる危険性、任意売却になる危険性は同等に付いて回っています。
続きを読む »

ご相談ください

  • 任意売却相談デスク
    TEL:0120-088-020
    受付時間 9時~19時
    土日祝も相談可能
  • 運営会社情報