任意売却が終わった後でもご相談ください!

当社は、任意売却後のアフターフォローもアドバイスしております!

桜の便りがちらほら聞かれる頃、任意売却スタッフの携帯に市外局番(086)の番号の電話が入りました。 40歳代女性の声です。

「岩本ですけど、いつぞやは大変お世話になりました。 実は、USSR債権回収から620万円を4月20日までに返せっと言う通知が来たんですよ。 どうしたらいいですか?」スタッフは岩本といわれて、どこの人でどんな案件だか思いだせません。ただ、08なので岡山とか広島からとおもわれます。

専任媒介契約を貰った案件なら、登録をしますので直ぐ解るのですが思い出せません。「あの~スイマセン。 どんな事でしたか?」と聞くと「競売で落とされてしまって、そちらにお願いして間に合わなかったんですよ。 その時、色々教えて貰ったものですから、」といわれスタッフは思いだしました。 昨年の5月ゴールデンウイークに連絡が来て、ゴールデンウイーク明けの10日過ぎに期日が入っていて、ゴールデンウイーク明けに債権者に電話したら競売で良いの一点張りでスタッフが債権者と喧嘩した案件です。 市内の住宅街にあり、築5年の戸建てで2,000万円弱で売れる物件でした。

提携業者が1,700万円で買い付けを入れてきたのを、その場で断られてしまって。 チョット担当と言い争ったヤツです。 そして結局、入札となり、1,400万円だかで落ちたのです。 もっとも、依頼されるのが遅かったのも確かです。 こちらも役にたてなくてと謝った人です。

「620万円ですか。 放って置きなさい、取りあえずは何も出来ないから。」と電話口話ながら、あの時の担当者との電話の応対を思い出しそう言ったものの、この岩本さんにそれができるかは疑問です。 督促状には払わなければ、給料差押えしますと書いてあるそうで、給差しなんてそんな事すぐ出来ないですよと言っても、怖がっているのが、電話越しにも分かります。

普通の人は強制執行だ給料差押えだという文字を見ただけでビックリします。 給料差押えなどは裁判所で手続きをしなければならないのですから、今日、明日に出来るものではありません。 債権者もバカの一つ覚えのようにすぐ強制執行だとか書いても、岩本さんみたいな人は、今では少なくなっているのが理解していません。 今では皆さんネットでそれなりの知識を得ています。

その真面目な岩本さんにスタッフは「620万円ものお金を持っていたら、今の状況にならないでしょう。 無い袖は振れないってことですよ。 黙っているのがいやなら、電話してみて、返済をしたいが、今は5,000円しか払えないと言って、状況が好くなったら増やします。」と、先方に言うように伝えると、安心したような声にはなりましたが、岩本さん「でも、5,000円だったら、完済に100年かかりますよね?」「そうですね。 完済時には、私も岩本さんも死んでいるでしょうね。 もしかしたら地球が無くなっているかも知れませんね。 でも仕方ないでしょう。

『以前に損保の弁護士がうちの相談者の残債務が600万円有って、その人月に5,000円しか返せないと言ったら、その損保の弁護士が弁済契約書を作って来たんですよ。 その契約書に記載されていた最終返済日が平成120年の8月末でしかも返済総額はシッカリと1,254万円になっているんですよ。 ちゃんと計算したんでしょうね。 ただ平成ではなく西暦にすればって、今の天皇、平成120年まで生きてはいないでしょう。 とみんなで言った位なんですよ。』

『まあ、絶対とは言えないけど、払う意志が有っても払えないものは仕方ないですよ。』「分かりました。 明日、連絡して言ってみますよ。 有難うございました。」と言って電話は切れました。

そして、2日後、岩本さんから電話が有って「USSR債権に電話したら、書類送るので、記入してて送り返してくれと言われましたよ。 そして、検討すると言っていましたけど、口調では5,000年で大丈夫そうです。 ありがとうございました。」とお礼でした。

当社的には一銭のお金にもならないけど、若いスタッフの勉強にはなり、我々の仕事は売買したら終わりでは無く、残債務を抱えた相談者のアフターも仕事だと理解した筈です。

私たちは弁護士ではございませんので、私たちが直接動く分けには参りませんが、的確なアドバイスは出来ます。 弁護士、司法書士の紹介が必要で有れば いつでも当社の顧問弁護士たちをご紹介は可能です。

前へ戻る

競売で買い戻す方法

競売で買い戻すd ファイナンシャルプランナーさんとか競売代行業者さんなどは、競売にかかってしまった不動産を競売での買い戻しを提案する方が多いようです。

ファイナンシャルプランナーさんが競売を勧める大きな理由の一つには、不動産の免許を持っていない場合が多いので、任意売却を直接ご自身で行えないからです。 それと、所詮他人のお金です。 競売で確実に落札するには、かなり高い落札価格を設定しなければなりませんが、自分で出すお金 では無いので気にならないのです。

問題なのは、思惑通りに落札できなかった場合です。 任意売却で行っておけば、確実に手放さずにも済んだ物件を第三者に落札されてしまったケースを しばしばうかがいます。

特に、自宅の買い戻し、ご実家の買い戻しなどは任意売却を選択して欲しいと思います。



前へ戻る

任意売却のタイムリミット

任意で不動産の売却を行っている途中で、債権者(抵当権者)側より、『現在行っている任意売却を取り下げてください。』という命令が下される ことが極々たまにございます。

これは、今後、任意売却では無く、競売で処理しますという意味です。 なぜ、競売になってしまうのか? 当社で経験した任意売却取り下げの理由は 下記のケースです。
  • 依頼主との連絡が途絶えてしまう - 依頼を受けた不動産の販売活動をしていて、購入希望者が物件を観たいと言ってきても、依頼主様に全く連絡が取れなくなってしまって販売活動の維持が困難になったとき。 債権者が依頼主様に連絡を取ろうとしても全く連絡を取る方法が無くなってしまっているときなどです。
  • 販売価格が相場では無い場合 - 債権者は1円でも多くお金を回収したいと考えております。 任意売却の相場で処分するよりも競売で行った方がより多く回収できると考えた場合などは販売価格の設定は高いです。 この場合、販売価格が高いので買い手も見つからず時間切れで競売へと移行する場合には債権者側より、任意売却での販売活動を降りてくださいと指示されます。
  • 競売までの時間が無い場合 - 債権者・抵当権者によっては、競売の申立から入札まで、たったの3ヵ月・4ヵ月ということがあります。 3ヵ月・4ヵ月では、その物件を買いますという特定の方が居ない限り任意売却は難しいことが多いです。 また、ご依頼人様の行動が遅過ぎて販売活動が制約される場合などです。

前へ戻る

任意売却相談デスクへご相談ください


銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いたら。 あなたにはそれほど多くの時間は残されておりません。 この通知が最後通牒のようなものです。 この提案を無視すると、流れは一気に競売へと突き進みます。  競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を 起こしてください。

また、任意売却のご依頼は終わった後のアフターケアーまで含めた総合的なサービスを提供している当社をご利用ください。 任意売却が終わった 後のアドバイスは一円にもならないので多くの業者さんはサービスを行っておりません。 私たちは違います。 私たちは任売が終わった後の後まで も相談をされれば無料アドバイスを行っております。
(注) 他社で、処理された任意売却のその後につきましては申し訳ございませんがアドバイスの提供は 行っておりません。 弁護士さんか、その業者さんにお聞きになられてください

任意売却相談デスク - フリーダイヤル   
任意売却相談デスク - メールでお問い合せ
任意売却相談デスク

顧問弁護士紹介

d
顧問弁護士・顧問司法書士さん紹介のページだったのですが、先生方の強いご希望により先生方ご紹介のページは削除させていただきました。
顧問弁護士・顧問司法書士紹介ページ »

任売で救われました

任意売却で助かりましたd
車のローンの返済滞納で家が競売になってしまいました。 小林和夫、65歳。 現在の住まいは大阪府八尾市です。 八尾の旧住所に住んでいた頃は、親が残してくれた40坪の土地に、築30年、建坪25坪程の家に住んでいました。 現在は、以前より駅からも・・・
続きを読む »

ご相談ください

  • 任意売却相談デスク
    TEL:0120-088-020
    受付時間 9時~19時
    土日祝も相談可能
  • 運営会社情報