親子間売買で買い戻せるケースも有ります

東京都練馬区に住む山田さん(仮名)。
山田さん(仮名)は昨年3人の子供を引き取り離婚をしました。 調停にかけ離婚したYさんは、離婚の条件としてマンションは貰う。 そのマンションに子供と共に居住する。 マンションの住宅ローンは別れる旦那様が返済するとい内容を旦那様に求め、旦那様も了承しました。

しかし、山田さんが当センターに相談に来た時点で、案の定、元旦那様の携帯電話にもつながらず、そして元旦那様の実家に電話をしても知らぬ存ぜずの答えが返ってくるばかりでした。 住宅ローンはすでに6ヵ月も滞納しており銀行の担当者も頻繁に訪問してきているとのこと。

山田さんは、連帯保証人です。 この元の旦那様が出てこないことには任意売却も出来ません。 任意売却には主たる債務者と保証人全員の承認が絶対的に必要になります。 この山田さんの場合にも、元旦那様が出てくるか、競売になるのを座して待つしかありません。 山田さんは元夫の知りうる限りの友人関係に連絡を取り探しました。 幸いなことに代位弁済は未だされておりませんので時間は有ります。

ある朝、山田さんのお父様から電話が入りました。 『私が購入しても良いのですが。 あのマンションはいくら位ですかね? 2,000万円までなら用意できますけど。』と、お父様からの思いもよらないウレシイ提案です。 しかも、奥様、離婚時に旧姓に戻さなくて大正解です。 しかしながら、所有者の元旦那様の承認、そしてご署名ご捺印が無ければどうしようもありません。 それに加え決済時には本人確認が絶対的に必要となりますので旦那様にはぜひ姿を現してもらわないといけないのです

そこで、MT銀行の保証会社であるMT信用保証に連絡をし、山田さんのお父様のことはひとまず伏せて、購入希望者が居るので購入申込書と配分表をファクスしました。 3日後には、1,850万円で良いとの回答が得られました。 このことを早速山田さんのお父様に連絡をすると、お金はもう用意してあるとの事でした。 これで、元ダンナ様が出てきてくれれば問題は即解決なのですが。

それと、我々がやらくてはならない事は、山田さんには住宅ローンの残りが発生しますので、その残債務の返済額を債権者と交渉して決めなければなりません。

それから半月ほどして、競売開始決定の特別送達が裁判所より送られて来ました。 山田さんにも山田さんのお父様にも、当社のスタッフから事前に、事の流れ・届く書類などの説明がなされていたので、ご両名は全然慌てませんでした。 この競売開始決定通知が届いてから約1ヵ月後に、奥様の執念といいましょうか怨念といいましょうかパワーで元ダンナ様の居場所を見つけることが出来たのです。

元の旦那様は、そちらに行くのは面倒なので、要件が有るのならコチラまで来い。 来るなら話は聞いてやるとの主張でしたので、旦那様の気が変わるといけないと思い、電話をもらって即、行動を起こしました。 奥様とは最寄りの駅で待ち合わせをし、指定の場所まで出向き、現在までの事情をご説明申し上げてマンションの売却に同意をしていただきました。

翌日、当社のスタッフがこの元の旦那様を、迎えに行きそして司法書士の事務所に連れて行き本人確認を済ませ、委任状に判を押させました。 元ダンナ様が決済時に現れなかった場合を想定して用意するモノは用意し、用意周到に事を進めました。

案の定、元ダンナ様は約束をしてくれたにもかかわらず、決済の日にはとうとう姿を現しませんでした。 ですが、無事に決済は終わり、山田さんはお子様たちとこの物件に住むことが出来、お父様も安堵なさっておりました。

残ってしまった債務の返済額は月1万円で両者が合意です。 それと山田さんは父親に低額に設定してくれた賃料を払っていけばよいので一安心です。


離婚に絡んで、連帯債務・連帯保証人のお問い合せは凄い数ございます。
いかなる理由が有ろうとも原則、金融機関は連帯債務者の変更、連帯保証人の変更には同意をしてはくれません。

これらから外れたい場合には、一旦、全額を返済して契約を完了した形でしか認めてはもらえません。 銀行にはよっては、残るローンの内80%返済してくれれば連帯債務・保証人を解除しますよというところも有ります。

離婚に限らず、連帯債務をやめたい、連帯保証人を解約したいという場合には融資を受けている銀行さんにお聞き下さい。 当社のような第三者に連帯保証人を外して頂けませんかとご相談をされるのはお門違いです。

前のページに戻る »

任意売却相談デスクへご相談ください


銀行・金融機関から任意売却をしませんかという通知が届いたら。 あなたにはそれほど多くの時間は残されておりません。 この通知が最後通牒のようなものです。 この提案を無視すると、流れは一気に競売へと突き進みます。  競売となってしまっても、任意売却との同時進行で処理出来る場合が多いのですが、この申し出が届いたら、出来うる限り早く行動を 起こしてください。

任意売却相談デスク - フリーダイヤル  
任意売却相談デスク - メールでお問い合せ

顧問弁護士紹介

d
顧問弁護士・顧問司法書士さん紹介のページだったのですが、先生方の強いご希望により先生方ご紹介のページは削除させていただきました。
顧問弁護士・顧問司法書士紹介ページ »

任売で救われました

任意売却で助かりましたd
当社で過去に、任意売却でお付き合いの有った方々の案件をチョット小説風にして公開いたしております。 実際には1年近くもかかったケースなどでも 極々短くして有りますので任意売却理解し難い部分があるかもしれません。

ご相談ください

  • 任意売却相談デスク
    TEL:0120-088-020
    受付時間 9時~19時
    土日祝も相談可能
  • 運営会社情報